今日のいいこと。

1日ひとついいことあるといいな~♪ スイーツからパワースポットにちょっとしたお出かけと旅行まで、幸せでしたと思うことを1日ひとつ見つけるブログ。               

伊勢神宮外宮②(人生一度は伊勢参り!⑦)

(*'▽')ノ こんにちは!

伊勢神宮に人生初めて行こうと仕事終わりに新幹線と特急を乗り継いで、ちゃんと早起きして外宮よりお参りに伺ったお話の2回目です!

 

伊勢神宮には天照大御神がいらっしゃる内宮と

今回お参りしている外宮があります。

その外宮の神様である豊受大神宮がいらっしゃる御正宮を前回ご紹介しました。

 

前回の記事(伊勢神宮外宮御正宮)はこちら ↓

www.kyounoiikoto.jp

御正宮へ来た参道を戻り右手に曲がると亀石があり、その先に別宮が3箇所あります。

 

f:id:green_wind:20171119220607j:plain

 

(゚Д゚)ノ よくわからないのですが、

    橋のかわりに大きなカメさんが 橋渡ししてくれています。

    それが亀石!

 

亀石がこちら ↓

f:id:green_wind:20171119221059j:plain

 

3箇所のうちはじめにお伺いしたのは外宮に属する別宮の土宮(つちのみや)です。

 

土宮(つちのみや)

 ご祭神は、大土乃御祖神。古くから山田原やまだのはら の鎮守の神でしたが、外宮の鎮座以後は宮域の地主神、宮川堤防の守護神とされ、平安時代末期に別宮に昇格しました。
土宮の前は式年遷宮山口祭やまぐちさい御船代祭みふなしろさいの祭場でもあります。

古来外宮ご鎮座の山田原の守護神として崇敬されてきました。

しかし、今でいう末社にあたり、古代においては別宮ではありませんでした。

大治だいじ3年(1128)に宮川堤防の守護神として別宮に昇格しましたが、田社から別宮の地位に昇格したのは特別な理由があったものと推察されます。

現在、市街地の西を流れる宮川は、かつて幾筋かに分岐し、今の市街地も流域にあたりました。当時は治水技術も発達しておらず、氾濫による被害が相次ぎ、地域住民にとって宮川治水の感心は高く、土地の守護を司る大土乃御祖神に対する祈りは切なるものがあったことでしょう。また、外宮の祭祀を行う上でも洪水は支障をきたしたと考えられます。そのような状況の下で宮川堤防の守護神ということに重きが置かれ、大治3年に別宮に昇格したのです。

伊勢神宮HP より

www.isejingu.or.jp

 

f:id:green_wind:20171119224151j:plain

 

 

この外宮の地を守っている神様ということでしょうか。

いつの時代も川の氾濫等に悩まされていたのですね。

 

 次に伺ったのは外宮四別宮のうち第一位の多賀宮です。

ただ、土宮から結構長い階段を登った気がします。

f:id:green_wind:20171119221924j:plain

 

f:id:green_wind:20171119222142j:plain

f:id:green_wind:20171119222317j:plain

 

多賀宮

多賀宮は、外宮に所属する四別宮のうち、第一に位しています。殿舎の規模も他の別宮よりも大きく、正宮に次ぐ大きさです。ご祭神は、豊受大御神の荒御魂あらみたま。神様の御魂のおだやかな働きを、「和御魂にぎみたま」と申し上げるのに対して、荒々しく格別に顕著なご神威をあらわされる御魂の働きを、「荒御魂」とたたえます。

伊勢神宮HPより

 

 

f:id:green_wind:20171119222522j:plain

 

f:id:green_wind:20171119222616j:plain

 

お祭りは正宮に準じて行われ、祈年祭・神嘗祭・新嘗祭の奉幣の儀も、正宮につづき勅使ちょくしが参向して幣帛へいはくが奉られます。また、20年に一度の式年遷宮が、第一別宮のみ正宮と同年に斎行されることからもその重要性がうかがえます。

 伊勢神宮HPより

www.isejingu.or.jp

 

ひとつ小高い場所にあるからでしょうか?

御正宮前も何とも言えない異世界感がありましたが、この多賀宮前も空気が変わった感じがしました。

不思議でした。

 

 

 

来た道を戻ると、土宮の前に風宮(かぜのみや)があります。

 

風宮

 

f:id:green_wind:20171119221532j:plain

 

風宮は、古来風社かぜのやしろと称しておりました。しかし、『止由気宮儀式帳とゆけぐうぎしきちょう』、『延喜神名式えんぎじんみょうしき』には記載がなく、長徳3年の
長徳検録ちょうとくけんろく』に初めて「風社かぜのやしろ在高宮道棒本」と記され、多賀宮へ続く参道沿い、杉の木の本にある小さなお社であったと考えられます。

それが内宮別宮の風日祈宮と同様、蒙古襲来の文永・弘安の役の際、ご神威によって猛風が起り、襲来した敵軍10万の兵を全滅させ、未曽有の国難をお救いになったご霊験に応えるべく、正応6年(1293)に一躍別宮に昇格しました。その詳細な経緯は『増鏡ますかがみ』にみることができます。

元来、風宮は風雨の災害なく稲を中心とする農作物が順調に成育するように祈りが捧げられるお社でありましたが、元冦以来国難に際しては神明のご加護によって国家の平安が守られるという信仰が加わります。

伊勢神宮HPより

www.isejingu.or.jp

元々は多賀宮に行く参道の脇にあった小さなお社だったのですねー。

あの蒙古襲来を撃退した神風を吹かせ国を守った功績により別宮へ昇格されたそうです。

 

御祭神

級長津彦命しなつひこのみこと

級長戸辺命しなとべのみこと

 

f:id:green_wind:20171119224544j:plain

 

 

 他にも見どころはあるのですが、なんせ1泊2日の強行スケジュールでしたので外宮はこれくらいにして次の場所へ行くことにしました。

とはいえさすがは伊勢神宮です。

異世界感すごいです。ありがとうございました。

 

f:id:green_wind:20171119224646j:plain

 

 

明日もいいことあるといいな。
では。

 

(*'▽')ノ はてな読者登録をお願いします!

  

開運!ガールズ お伊勢まいり―伊勢神宮でMAXパワーアップ! パワスポ旅BOOK

開運!ガールズ お伊勢まいり―伊勢神宮でMAXパワーアップ! パワスポ旅BOOK

 

 

 

1年半ぶりの記事更新のお知らせ。

(*'▽')ノ こんにちは!

 

1年と半年ぶりの更新・・・

前回の記事である伊勢神宮に行ったのも約2年ほど前になってしまいますが、購読を解除しないでいて下さった皆様、検索でお越しいただいた皆様、本当にありがとうございます。

ただ、記事の書き方すら忘れてしまいなかなか更新もままならないかと思いますが、時々届く記事をお読みいただけましたら幸いです。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

伊勢神宮外宮①(人生一度は伊勢参り!⑥)

(*'▽')ノ こんにちは!

 

伊勢志摩サミットがつい先日終わりましたねー。

各国の方々も伊勢神宮(内宮)を訪れたそうです。

 

その伊勢神宮ですが、外宮をお参りしてから内宮をお参りするのが習わしとなっているそうです。

ので、私も外宮からお参りさせていただきました。

 

外宮参道

早朝5時から参拝できるということなので、5時に着くように超早起きしました!

(とてもがんばりました)

なので参道を歩いているのが自分一人しかいないという不思議な感じと、夜明けの雰囲気が異世界感を出していました。

 

f:id:green_wind:20160601041148j:plain

 

f:id:green_wind:20160601041350j:plain

 

本当はとても賑やかな参道で、歴史ある感じの宿もたくさん並んでいました。

当然どこもやってませんでした。

参拝後も予定が詰まっていたので寄り道しませんでしたが、いい感じのお店がたくさんありましたよー。

www.isejingu-kankou.com

 参道の終わりから伊勢神宮(外宮)を見るとこんな感じでした。

いよいよ神域へ。

f:id:green_wind:20160601185124j:plain

 

火除橋

神域を火災から守るために川で囲まれています。

その川に掛かる橋です。

参道から来ると一番最初に目にします。

 

f:id:green_wind:20160601195946j:plain

f:id:green_wind:20160601200921j:plain

f:id:green_wind:20160605222903j:plain

f:id:green_wind:20160601201108j:plain

 

表参道

伊勢市駅から続く道をまっすぐ来ると、そのままこの表参道に繋がります。

車で参拝に来ると駐車場からの参道があり、そちらの参道は北御門参道という名前がついています。

私は表参道からお参りしました。

 

続きを読む

最近21時に寝ています。

f:id:green_wind:20160602215606j:plain

 

写真は職場近所の団地の花です。

 

急に来た暑さにやられ、疲れてしまいました。

最近というかこの1週間夜の9時に寝ています。

 

ブログも毎日書いていたのに、パソコン開くとすぐに眠くなりガクッとするので、1つの記事を何日かに分けて書きました。

(この記事はすぐ書けると思いますが)

 

せっかく伊勢志摩サミットに合わせて、伊勢神宮の記事を!と思っていたのにサミットは終わってしまいましたねー。

 

皆さまも疲労が蓄積しないよう、健康にご留意ください。

それではおやすみなさい。

 

 

 

日本人の総氏神!伊勢神宮について(人生一度は伊勢参り!⑤)

(*'▽')ノ こんにちは!

実は先月、伊勢神宮へ参拝に行ってきました。

 

それも金曜日に仕事してその足で新幹線に乗って名古屋へ。

名古屋から特急に乗って伊勢市へ。

f:id:green_wind:20160522205116j:plain

(写真ブレブレですみません)

伊勢市駅前のホテルに泊まって土曜から参拝開始!

日曜午後にはUターン。という計画で。

 

(゚Д゚)ノ かなりの強硬スケジュール!

 

なんか1か月も前から計画していて、雨が降るとかちょっと残念な気がしてしまいます。

なのでなんとなくもやっと計画していて、新幹線の切符が取れるぎりぎりの期限にパッと決めてしまいました。

(お参りに行ってから降った雨は神様が歓迎してくれていると受け取っていいそうです)

 

六所神社に呼ばれるような不思議体験(私的には不思議でした)をしてから、気になったり行こうかなとか思ったりしたら(都合がつけば)行こうと思いました。

 

f:id:green_wind:20160522225637p:plain

 

伊勢神宮とは

 伊勢神宮(いせじんぐう)は、三重県伊勢市にある神社。なお「伊勢神宮」とは通称であり、正式名称は地名の付かない「神宮」(じんぐう)。他の神宮と区別するため「伊勢の神宮」と呼ぶこともあり、親しみを込めて「お伊勢さん」「大神宮さん」とも称される。神社本庁の本宗(ほんそう)である。
二十二社(上七社)の一社。また、神階が授与されたことのない神社の一社。古代においては宇佐神宮、中世においては石清水八幡宮と共に二所宗廟の1つとされた。明治時代から戦前までの近代社格制度においては、すべての神社の上に位置する神社として社格の対象外とされた。

 伊勢神宮には、太陽を神格化した天照坐皇大御神(天照大御神)を祀る皇大神宮と、衣食住の守り神である豊受大御神を祀る豊受大神宮の二つの正宮があり、一般に皇大神宮は内宮(ないくう)、豊受大神宮は外宮(げくう)と呼ばれる。

内宮と外宮は離れているため、観光で内宮のみ参拝の人が多いが、まず外宮を参拝してから内宮に参拝するのが正しいとされている。

広義には、別宮(べつぐう)、摂社(せっしゃ)、末社(まっしゃ)、所管社(しょかんしゃ)を含めた、合計125の社宮を「神宮」と総称する。

ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典より

 

続きを読む

焼肉おいしー!

(*'▽')ノ こんにちは!

 

さっそくですが、

 

焼肉っておいしいですね。

 

昨日は久しぶりに焼き肉を食べました。

 

f:id:green_wind:20160521201050j:plain

 

しかも、上司がおごってくれたので高いお肉でした!

 

(゚Д゚)ノ 草食動物の成れの果てのはずなのに・・・

 

「和牛上なんとか」とか

「上なんとか」とか

 

だいたい普通のお店や居酒屋とかに行ったときは、決まらないのでホイホイいくつか注文してしまうのですが、全く注文できずメニューを見て固まっていたら、一緒にいたもう一人の同僚がホイホイ注文してくれました。

 

私は風邪をひいたりすると周囲が驚くくらい食べるので、結構大食いなのかと思っていたら世間的にはそうでもないことがわかりました。

 

お肉を何皿か食べて・・・

なんかはさみで切る大きいお肉と・・・

チヂミに・・・

ホルモンに・・・

クッパ。

サラダも食べました。

 

(゚Д゚)ノ 焼肉おいしい!

 

たしかにおいしかったのですが、お腹パンパン。

みんな普通でした。

こんなに食べるのですね・・・

 

ちょっと食べ過ぎると太る体質なので、常にダイエットというか気を付けているのですが、どちらかというと小食ということが判明。

その分を甘いもので摂取してしまっているようです。

 

でも、焼き肉のおいしさを思い出してしまったので、

今度うわさの一人焼肉に行っちゃおうかと思っています。

 

その分、今日は朝から1日テクテクといろんな街を歩き回ってきました。

おかげでヘトヘトです。

 

胃が大きくなってしまったのか、たくさん食べてしまいました・・・

 

大食いはほどほどに・・・

 

 

開運!出雲の神社参拝の旅の最後は、鬼太郎ラッピング列車。

(*'▽')ノ こんにちは!

 

帰りは(行きも)米子鬼太郎空港から飛行機で帰ってきました。

 

f:id:green_wind:20160519221610j:plain

 

その空港へ行く前に「水木しげるロード」を少し見て、おみやげを買って帰りました。

途中、踏切で鬼太郎のラッピング鉄道に遭遇できました。

f:id:green_wind:20160519222130j:plain

正面がこなきじじい・・・

ちょっと夜に見たら恐いかも・・・

 

f:id:green_wind:20160519222137j:plain

f:id:green_wind:20160519222146j:plain

 

1泊2日という弾丸ツアーでしたが、出雲でたくさんの神社へお参りすることができました。

霊的な感覚がないので、全くスピリチュアルなことはわかりませんが。

 

ただ・・・

なんとなく威圧的な神社。

また、とても居心地のいい神社。

あたたかい感じの神社や、異世界に入り込んでしまったのではないかと錯覚するような(実際に帰れないんじゃないかと頭をよぎったりしました)雰囲気の神社。

 

などなど、今まであまり感じることのなかった感覚に気付きました。

 

特にこの旅行では「いい感じ」の神社が数多くありました。

迎え入れてくれている感じです。

 

ぜひ出雲大社へ行ってみてはいかがでしょうか。

 

www.kyounoiikoto.jp

本当は「サンライズ出雲」という寝台列車で行く予定を立てていたのですが、天候の関係で運休となり旅行自体が中止となってしまい、日程を2泊3日から1泊2日に改めて計画したのがこの旅でした。

 

サンライズ出雲に乗りたいのもありますし、お参りもしたいので出雲にはまた行こうと思っています。

 

次は伊勢神宮の記事がはじまります。

それではおやすみなさい。

米子で小さな神様をお参り!「粟嶋神社」(開運!出雲の神社参拝の旅24)

(*'▽')ノ こんにちは!

 

いよいよ20近い神社をお参りした旅の最後の神社です。

これまでは島根県の神社がほとんどでしたが、

米子鬼太郎空港から飛行機で帰るので最後は米子です。

 

「粟嶋神社」

 

f:id:green_wind:20160517214316j:plain

 

まずはこのながーい階段がすごいです。

結構ヘトヘト。

 

階段を上ると門がありました。

 

f:id:green_wind:20160517214934j:plain

 

歴史

度々の火災で記録を失っており、創建年は不明。
境内は標高36メートルの山(明神山)になっているが、かつては中海の小島のひとつだった。島(山)全体が神山とされ古い時代には社殿は山麓にあったとされている。

江戸期になると、元禄期(1688年~1704年)に社殿が焼失し、翌年再建されるにあたり、それまでの山麓から山頂へ移された。その後、宝暦期(1751年~1763年)に粟島周辺が干拓され、「彦名干拓地」一帯と地続きになった。
なお、江戸期には「粟島大明神」として祀られており、明治維新の際に、境内の諸社を合祀して粟島神社に改名した。

ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典より

 

f:id:green_wind:20160517215600j:plain

 

733年(天平5年)の『伯耆国風土記』では、小人の少彦名命(すくなびこな)がこの地で粟を蒔いて、実ってはじけた粟の穂に乗って常世の国へ渡り、そのために粟島と呼ばれている、と書かれている。(つまり、粟島は少彦名命の現世での最後の地、ということになる。)

『日本書紀』でも同じような逸話があり、スクナビコナが淡島(粟島)で粟茎に弾かれて常世へ渡ったとされている。

民話では、こびとであるスクナビコナが天界から下界の海へ落ちてしまい、空豆の皮で船を作って伯耆の島(のちの粟島)に漂着する。そこで出雲の神であるオオクニヌシ(大国主)と知己になる。スクナビコナが排便すると、天界にいた頃に食べた粟の実の種が出てきたので、これを島に植えたところ数年で島は粟が一面に広がった。すると、アワ畑に据えられた案山子のお告げで天界に戻るように命を受け、粟の茎を曲げて穂につかまり、茎がまっすぐに戻る力で天界へ飛んでいった。このことから、オオクニヌシはこの島を「粟島」と名づける。

 

f:id:green_wind:20160517215843j:plain

 

御祭神

少彦名命(すくなびこなのみこと)

『古事記』によれば、スクナビコナは大国主の国土造成に際し、天乃羅摩船に乗って波間より来訪し国造りに参加した。『日本書紀』にもこれと同様の記述がある。
スクナビコナはオホナムチ(大国主命=出雲大社の神様)同様多くの山や丘の造物者であり、命名神である。

国造りの協力神、常世の神、医薬・温泉・禁厭(まじない)・穀物・知識・酒造・石の神など多様な性質を持つ。 酒造に関しては、酒は古来薬の一つとされ、スクナビコナが酒造りの技術を広めたことと、神功皇后が角鹿(敦賀)より還った応神天皇を迎えたときの歌に「少名御神」の名で登場することから、酒造の神であるといえる。

 ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典より

 

f:id:green_wind:20160517220920j:plain

 

アクセス

 

 おわり

 とても苔が多く、緑色のきれいな感じが印象的でした。

何より階段が長くて長くて。

日頃の運動不足を戒められた感じでした。

 

f:id:green_wind:20160517221621j:plain

 

八尾比丘尼伝説の地もこの辺にあるようですので、島根~米子へ行かれた際にはぜひお参りください。

www.yonago-navi.jp

引退した狛犬でしょうか。

狛犬から昇格して神様に昇格したみたいでよかったですねー。

f:id:green_wind:20160517222047j:plain

 

明日もいいことあるといいな。
では。

 

(*'▽')ノ はてな読者登録をお願いします!

ミスドの「わらびもちサンドあずき抹茶」と「ポンデ抹茶クリーム」食べました!

(*'▽')ノ こんにちは!

 

なぜか平日の夜はとても眠いです。

今すぐ寝たいくらいです。

 

そんな月曜からのエネルギー不足を補うために食べたのは

 

「わらびもちサンドあずき抹茶」

f:id:green_wind:20160516231420j:plain

 

続きを読む

ミスドでオールドファッションダブル抹茶とフィナンシェドーナツ食べました!

(*'▽')ノ こんにちは!

 

先週は帰宅が遅い日が続いて、とうとう(1日だけですが)初カプセルホテルを体験しました。

f:id:green_wind:20160515233705p:plain

狭いと思っていたらそうでもないですねー。

でも、眠りが浅い私は耳栓をしていても3回起きました。

 

f:id:green_wind:20160515233759p:plain

 

続きを読む